始まりは遠く 語られない物語

好奇に満ちた 願いが覆う


偽りの価値観に身を委ねて


光射すその向こうに 潜む影と虚構

散りばめられてた想いの その先へ


手をかざした

揺れない 迷わない 確かな意志で

見せかけの幸せを壊して


醒めない夢に 終わりを告げる 天使の涙
無力なだけの自分なんて もういらないよ

箱庭の隅で 広げてたその羽根は
空の広さを知らずに 眠る

稜れ無き正義を振りかざして

溢れだすその幻 否定された自意識
追い詰められてく理想の その先へ


手を伸ばした
揺れて 迷って 不確かな意味を
身にまとう 作られた僕が

積み上げてく
気持ちも 想いも 戦う意志も
偽物だって 自分にしかできないのなら

無邪気でいられた日から あまりに時は過ぎ

いつの間にか 知りたくなかったこと

知って 選んで 僕らは ここに立つ


真実の果てに 見つけた 世界の価値と
その行方 掴んだ この手をかざした
揺れない 迷わない 確かな意志で
望んだ 世界の果てへ

醒めない夢に 終わりを告げる 天使の涙
無力なだけの自分なんて もういないから

[PR]
# by arkugia | 2016-08-17 06:28 | 歌詞

始まりは遠く 語られない物語
好奇に満ちた 願いが覆う
偽りのレールに身を委ねて
光射すその向こうに 潜む影と虚構
散りばめられてた想いの その先へ
手をかざした
揺れない 迷わない 確かな意思で
見せかけの幸せを壊して
覚めない夢に
終わりを告げる 天使の涙
無力なだけの自分なんて
もういらないよ

[PR]
# by arkugia | 2016-08-17 05:32 | 歌詞

空わたる風は冬をのせて
冷えた耳もと吹きぬけてゆく
見上げればほら 隣にいつも
かわらない笑顔

ふと目をあわせ よりそうだけで
胸にぬくもり あふれてくるの
空に焦がれて伸ばせずにいた
この手を導いたのは Magic

かじかむ指先に頬よせて 白い息であたためてあげる
なにげない毎日のすべてが
たからものなの
私の空にひかる虹

空かけぬける小鳥のように
どこまでも自由にはなれないけど
こぼれた夢の欠片も全部 こ
の胸にあるの
つめたく響く言葉があっても
照れかくしなの 気づいてほしい
ふわり溶けてくアイスクリーム
甘く確かめあえたら Happy

広い背中におでこをつけて
猫のように甘えて眠りたい
なにげない幸せのすべてが
きらめいた星

私の空に
いつかあなたと手をつないでね
どこまでも歩いて行きたいの その日まで いまは夢の途中
ずっととなりで 私の空は続いてく
Runway is clear for blue sky

[PR]
# by arkugia | 2016-05-31 00:04 | 歌詞

まっすぐな道を進め 目指してる 未来へ

一緒に走り出そうよ 輝く笑顔のまま

不安とか ためらいも 時々あるけど

大丈夫 ふたりなら 必ず 強くなれる

高い壁に 阻まれても

あきらめずに 前を向いて

力合わせ 飛び越えよう

怖いものは 何もないよ

ずっと大切な時間 続いてる この旅

しっかりとした足取り いつだって 頼れるさ

ケンカとか すれ違い 時々あるけど

大丈夫 この胸に 希望を抱いてるから

遠い空に広がる夢

辿り着こう 手をつないで

どんなときも そばに居るよ

いつも君を見ているから

いつまでも変わらない 想いがあるから

どこまでも行けるのさ 掴もう大きな夢

高い壁に 阻まれても

あきらめずに前を向いて

カ合わせ飛び越えよう

怖いものは 何もないよ

遠い空に広がる夢

辿り着こう 手をつないで

どんなときも そばに居るよ

いつも君を見ているから


[PR]
# by arkugia | 2016-05-30 23:28 | 歌詞

ねえ?踊りましょ 戯れる小鳥達みたいに
さあ わたしの手をひいて むかえにきてよ
ねえ?歌いましょ 月明かりにかがやく水辺に
そう 照らしだされるあなたがいるから
手をつなぎ微笑む確かな現在だけ
伝えられる想い ここにあるから

見つめていた 信じてた Ru La Ru・・・
求めていた さがしてた 月の奇跡を

ねえ?置き去りにされた夢 幼い時の声

もう 戻れない過去としって泣いた夜

ねえ?気付いてる?ときめきに彩られる朝が

そう いつまでもあなただけにあるのよ


届かない場所にも背を向けていたの
なくせない気持ちが ここにあるから

動き出した 星空に Ru La Ru・・

輝きだす 二人を照らす 月のひかりを

見つめていた 信じてた Ru La Ru・・・

求めていた さがしてた 月の奇跡を

Ruru・・・ Ruru ・・・



[PR]
# by arkugia | 2016-05-24 01:51 | 歌詞